目頭切開で理想の目元開発|化粧も映える目になる

婦人

予防法と解決法

たるみ

セルフケアの仕方

老化で眼輪筋が劣化し、脂肪が重力に負けて下に下がることで目の下のたるみができます。目の下のたるみは生まれつきできやすい人とできにくい人がいます。しかし、たとえできにくい人であっても眼輪筋が劣化したり、血液やリンパ液の流れが悪くなるとたるみができます。目の下のたるみがあると老け顔に見られるので、普段からケアをしておくことが大切です。「眼輪筋エクササイズ」や「表情筋エクササイズ」をしたり、ホットタオルを目にあてて休めたりするのが効果的です。目の下の皮膚はとても薄いので、マッサージをすると余計にたるみがひどくなる場合があります。マッサージするよりも、目や口を動かしてエクササイズをするほうが負担が少なく、顔全体のリフトアップにもなります。

病院で取り除く

美容外科などの医療機関で、できてしまった目の下のたるみを取りのぞく治療があります。セルフケアで解決できない場合は治療をするのもひとつの選択です。下まつげの中を切開して脂肪を取る外科手術、注射器を使った脂肪除去、引き締め系の照射マシンを用いた治療などがあります。手術をするのに抵抗がある人には、脂肪溶解注射やマシン治療がお勧めです。脂肪溶解注射は目の下についた皮下脂肪をメスを使わないで溶かして排出させます。マシン治療も同じようにメスを使わず、光線を照射したり、超音波や赤外線をあてることで脂肪を除去できます。外科手術のようにその日のうちにたるみを取ることはできませんが、傷あとが残らず、ダウンタイムやリスクもない、安全性が高い治療法です。